山入れ

2013年2月10日 (日)

山あそび。(ちょら君、チョコ)

Photo先週見つけた山に行ってきました。

今日は良く寝たので私自身が元気でした(笑)
まず、車を止めて入ろうとするとチョコが嫌がります・・・・・(電気柵のトラウマか)

仕方が無くリードをつけると着いて来るので電気柵を過ぎるまでつけながら行きました
ちょら君、チョコ共に活発です。

ちょら君は、あちこちでクンクンしながら何か食べたりしとります
チョコはあちこち行くもすぐに渡し所に戻ってきて前足を私の足にトンとかダルいことしてきます(笑)
ま、ヨチヨチしながら行くと

「コラー」って言うような声がしました。
山の中腹辺りでしたが、下の方でオジサンの姿が小さく見えました。
(怒られたかな・・・・)

犬の散歩ですと話をしようにも少し距離がありましたので
下りた際に会ったら話をしようと思いそのまま上がりました。

急な雑木林の枯葉だらけの急斜面を登り、尾根から奥山に行こうと思いました
尾根と言ってもカナリ歩きにくいとこです。

痕跡は私が思うに新しい掘り起こした後がありました。
けど、この辺りに出没するもどこで影をひそめる場所があるのか?と思うほど
雑木林はありますが隠れ家的なシダとかがほとんどありませぬ。

違う所で寝とるもかな・・・・・
鹿は尾根あたりで寝てそうな跡がありました。

しばらく枝を払い、顔面にビシビシ枝の跳ね返りを受けながら歩いてると
ちょら君が首を伸ばして下を見る
(この動作の時にたいがい下りて行きます)

走って行きました、私も慌てて追いかけるも何も見えません、反対側でウロウロしてたチョコも戻ってきて走って行きました。
ちょら君200M離れてチョコも珍しく80m程離れました。

結構なスピードで、ちょら君が横走りしてたので何かを追ったのでしょうか・・・・・。
チョコも反応したことでなんらかを追ったのでしょうが、その姿を見たりできない私は
面白くありません(笑)

離れすぎたので呼びます
チョコすぐ戻り、ちょら君は、声を出すたびに近づいてきて合流。

一度戻ると、あまり私の見えない所まで行かなく、私をチラチラ見る、ちょら君。
(ここ2回程で気が付いた行動です)

そして下が気になるそぶりしたので着いて行きます
クンクンあちこちを匂うも何もなし。
(雑木林が密集してるけど見晴らしは悪くない)

するとチョコが一歩も動いてません。

80m程離れています。
呼びます!
来ません・・・・。

ん?おかしいなと思い、何回も呼ぶも来ません。
仕方なく戻ることに。

すると画像のよおな所で、トグロまいとります!(なんじゃそれー

おかしなことに、呼んでも立ち上がりません
怪我でもしたかなと腹を見たり足を見たりしてもなのもありません。

その場から動かないのでオヤツを出して呼んで
与えると戻ってゆきます(爆)

しかも、ちょら君が近づくとガウガウ怒っとります。
鹿の寝てた跡かな・・・・・。

よくわからん事してます初めてです。
一歩も動く様子が無いのでリードつけます
すると普通に歩きます。
見たことない行動でしたね。

そして山を下りる、チョコがなんか変なので車に置いて

ちょら君と隣の方から上がろうと思いました
ついて行き。なんかこすり付けてるなと思ったら

この前の死んだイノシシ(・_・;)
先週と違って、目がなくなってました。

そしてさあ、今日はまだまだ行くぞ~と尾根近くまで来たら
チョコが吠えています。
あの鳴き方は、家だと配達員とか来た時の鳴き方です。
ちょら君も、カナリ気にしています

「ん?さっきのオジサンかな」と思い焦る。
仕方ないのでダッシュで下りる途中で

何か怒鳴り声がしました(汗

猛ダッシュで降りると人影はなく・・・・・

(どうしよう、ココはダメかも・・・・・。)

-------今日の覚え書き-------

ちょら君
・呼ぶと必ず帰ってくると確信(今の所
・一度戻ると、見えなくなるほど離れなくなるような気がする(チラチラ私の方を気にする)
・動きは私が歩く方向の前で直線でたまに、脱線する程度。

チョコ
・トグロをまいて動かなくなる
生理かな・・・・
・帰る際には早足になる。
・今日は私の半径15mほど動き回ってた(いつもは直線的)



2013年2月 4日 (月)

ちょら君が猪を・・・・

2_3


捕獲。


って言うより死んでいた♂猪ですけど(笑)


1_2
まず、今日は兵庫県に方へ、フラフラと行きました。

そして雑木林の山が連なっているところで
車が国道や民家から離れた所へ置きたいので林道を探す・・・・・・

その林道を探している途中で、車が入れやすくなんか、よさそうな雰囲気の山があったので
ココに入ることに。

小さな川も流れていて、落ち葉が一杯。
車を止めて痕跡をみようかと思って車を降りたら

ありました。
ハミ跡や、足跡がありました。いつかは分からないのですが最近のだと思い車に戻り
犬を放して山に入りました。

シイタケの栽培してる所があって、電流柵がありまして
またもや「チョコ」がかかりギャンと鳴き
山に入るのを嫌がりました。

車に戻って車の周りから離れません。

仕方が無いので、山の入り口付近痕跡があった先を先にうろつこうとしてたら
ちょら君が、クンクンしてたから「ナニやろ?」と思って見たら猪が死んでいたわけです。

左後ろ脚が骨が見えてました。言うほどの悪臭はなかったですし
死後そんなに経ってない感じでした。

でも、猪が立ち寄るとわかっただけでも収穫とします。

もうチョコは呼んでも来なく車の周りに居るのでほっておくことにして、ちょら君と上がってゆきます。

鹿の糞はほとんど見かけなかったです。猪の糞もありましたが真新しさはありません。

ちょら君が、しきりにウロウロしながら上がってゆきます、ウロウロと言っても
前を歩いてクンクンする位ですが・・・・・時折脱線する程度です。

一回、最大500m離れました。スピードが上がりましたので何かおったのかもしれませんが
その、何かを感じたときに私の見えない先で追いかけるので、難しい所です。鹿かな・・・・。

しかも鳴きません。今の所、山で追い鳴きや見つけて吠えたのを聞いた事ありません

離れすぎたら呼び戻すみたいな感じをしながら歩いて行きました。

3_2
急な、落ち葉だらけっで上がりにくい山を上がってゆき尾根が開けてない山ではありましたが
ハミ跡が、尾根のあらゆるところにありました、また斜面の木の根っことか・・・・
4_2
落ち葉があると、私レベルでは予測不可能(T_T)
良く聞く、落ち葉のひっくり返りとか・・・・・・・・わからんし!(笑)

ただ昨日は雨が降ってて理解できる痕跡もありましたが、落ち葉のフィールドでは
わかりません(T_T)

ヌタ場を4か所くらい見付けて
鹿しか居ない所、猪と鹿が混じった所など、自分で都合の良い想像をしながら
遊びました。

すると、ちょら君がまた離れかけたので呼びました
犬の行くところへ着いて行ってるのですが・・・・・私は遅いです、、、、っていうか落ち葉だらけで獣道も通りやすくないので大変でした。

しかし、歩きにくい獣道が某山での経験がありましたので
何かを感じたいところであります。

続きですが
ちょら君を呼び少し間をあけて探させようって事をしてみました
GPS見てると面白いです。

一度、口笛や名前を呼ぶと、こっちの方向を向かってくるも
その場で止まったり、私が来た道を行き離れていくことも(笑)

その次くらい、呼ぶと近くまで来ますけど
また、アンアン言ってました(爆)

寂しがり屋か?


-------今日の覚え書き-------
「チョコ」
・初めは活発
・電流柵にかかり車の周りに戻り2時間くらいお留守番。(GPSで確認。放っておきました)
・それか、猪の匂いするんでビビってたのかもしれない。(でも始めは活発でしたからこの線は薄いかも)

「ちょら君」
・死んだ猪見つけてクンクンのみ。
(執着あまりなかった、興奮もみられない)
・最大で500m位離れる、離れすぎ。黙って見てるわけにはアカンと感じました
・後半、「待ってくれよ~」って話しかけながらハアハア言いながら斜面を歩いていると
私の方を気遣って待ちながら歩いてくれた(笑)
・立ち止まるも匂いの反応が鋭いのかぼーっとしてるのか分からない
下方を眺めるもその方向へ向かうのはタマに程度

2013年1月27日 (日)

山あそび。 2013/1/27

今日は、
私、チョコ、ちょら君、キラちゃん
で山に行きました。

六甲の方へ行こうと思ったのですが寝過ごし
いつもの場所の行った事ない山に行きました。

痕跡を見て小さな川から、追う様に上がりました。
痕跡と言っても、鹿ですが(>_<)

まず、チョコが凄く良い感じに積極的でした。
最近、散歩での事ですが私なら分かる行動とかしてましたんで
いつもなら、二匹なんですが思い切って三匹連れた訳であります。

獣には遭遇しなかったんですが
尾根に上がると高鼻を頻繁にしてました

ちょら君は、いつも通り走り回るも
今日は、完全になぜかチョコが先頭でした。不思議です

キラちゃんは、後を頑張って着いて行ってました。
糞を、ちょら君と一緒に食べる事なぞしとりました(>_<)

チョコは、チラチラ見える範囲を降りたり何かの流れてくる匂いにソワソワしてました。

ちょら君は、一回何かを追った模様。150m程スピードが上がり距離が増えたので。

キラちゃんは、たまにフラフラと自らウロウロしてました。

-------覚え書き-------
「チョコ」
夏の時の山とはエライ違い。
猪にマクられ恐怖感を忘れたかのよう。
ちゃんと匂いかいで気になる方へ向きこっちを気にしてます。
今回はGPS着けて無かったんですが見えなくなる事数回あったけど多分近くに居てたでしょうが。
初めは唸り、近寄らなかった猪の頭をカブり付いたせいかも(笑)

「ちょら君」
何かが居てる時と居てない時の動きが分かりやすくなってきました。
居ない時は近くに居るのですが
追う時は尻尾を下げて立ち止まるので分かりやすい感じはします。
今日はチョコの後が多いものもチョコが反応した所の(チョコは入り口付近
長い草むらの中を入り込んでガサガサしてました。


「キラちゃん」
ちょら君のこの時期とはまた違った動きなんで
引き続き様子を見たいです。
この仔は警戒心が凄く高いので今後どうなるか楽しみです。

今の所、三匹は呼べば帰ってきます。
口笛、名前とかで。

やっぱり、この辺には猪が寝てないと思いました。

猪が寝ている山に行かねば今後の犬の行動や方向性など含め
前に進まない気もしてます。

2013年1月18日 (金)

山あそびIN亀岡近辺 2013/1/18 (ちょら君、チョコ)

Photo
今日は本当は丹波あたりを行こうかと思ってましたが
嫁キチのモタモタですっかり出発遅れました(悲)

私、嫁キチ、チョコ、ちょら君
で当てもなく探してみました。

まず、車が入れる林道を片っ端から入って行き、その中で雰囲気が良さげな所に車を止めました。

うっすら雪が積もっています。

これくらいの雪だと反対に私レベルでは分かりません(T_T)
土は隠れるは、雪を見るも落ち葉等などで中途半端な雪で見にくい

鹿はいてそうでした。

チョコが今日はハッスルしてました。
相変わらず走りこんでも40m程で帰ってきますが、何かの探知は鋭いです。
ちょら君も、少し遅れるかな?って感じで以前に比べるとほぼチョコと同じような感じで反応します。

今日面白かったことが2つほどありました。

まず
チョコがえらいスピードでダッシュした瞬間、ちょら君もダッシュしたんですが
2匹同じ方向に走りましたが途中で分かれました(笑)

次に
もうすぐ車に到着付近に下山って所で、ちょら君とチョコがどこかへ行って
チョコはすぐに帰って来たんですが、ちょら君が帰ってこなくって
すぐ戻るやろうと思ってたら、GPS見たら少し先でウロウロしているようでした
車付近で待ってると、どんどん離れて行って・・・・・・
今日私たちが進んで引き返した地点でウロウロしてるようでした(笑)
しばらく放っておきましたが、私たちを探してるかもしれんので
口笛吹いたり呼んだりしたら

全く同じ道で帰ってきて笑ってしまいました。
しかも、私たちの姿が見えたときに「ワンワンワンワン」って鳴いたのは胸がキュンとしてしまいました(笑)


-------今日の覚え書き-------

「チョコ」
・3週ぶりのせいかハッスル。スピードありました
・やはりチョコは連れて行くと安心

「ちょら君」
・川幅数メートルを飛ぶ姿がカッコ良かった。凄いジャンプ力に滞空。ビックリした
・500m離れて、ちょっと主を探してたかも。呼ぶと帰って来た時にワンワン。不安やったんかな。

2013年1月 6日 (日)

2013/1/6  初山あそび(ちょら君、きらちゃん)

1
今日は、ちょら君(9か月♂)、きらちゃん(4か月♀)で行きました。
ちょら君は、慣れた山。キラちゃんは初めての山

まず、林道でリードを付けながら軽く歩くも
ちょら君の、激しいチョッカイで

「あ~こりゃビビって歩かへんな~」思ったら、立ち向かってたし(笑)

ちょら君の、チョッカイがエスカレートしてゆき、キラちゃんの左右をぴょんぴょんしたり、首に噛むふりしたり、体当たりしたり・・・・・

それでも、寝そべらないキラちゃんは、大したもんです。

それで、お互い大丈夫そうなんで山に入れました。

ちょら君は、さっきまでキラちゃんにチョッカイばかりかけてたのが知らんぷりでドンドン行きます。

キラちゃんは、歩かなくって足元を離れないと思ったらどんどん行きます。
ちょら君に着いて行ったり、違う所行ったり。
2
ちょら君は、尾根よりこんな所を歩くのが増えました。
3
キラちゃんも、自分で違う所行ったりしてます。

4
この場所が気になっていたようですが、何か一瞬小さな音がなった気がしたのですが
覗いても物を投げても、犬を近くに呼んでも変化なしでした。

結構歩きました、今日は初めてのキラちゃんが居てるので早々に切り上げようかと思ってたんですがどんどん歩くし・・・・・・。

------今日の覚書------

「ちょら君」
・前半2回程居なくなり150m程離れて尾根から下った所を一周してました。
・中盤で、吐いて辛そうでした。後半はいつもの元気がありませんでしたので山を下りることに。
上記の気になった場所で画像の場所を横切り一目散に草むらの斜面を猛スピードであがりる。

「キラちゃん」
・どこでも着いてきましたし。何より自分でどんどん行く。
・石をシダに放り投げると、シダに一呼吸置いて入って行く。
・100m程、行った道ですが休憩中最大それくらい離れて戻ってくる。

2013年1月 4日 (金)

2日連続山あそび。 2013/1/3、2013/1/4 (ちょら君、チョコ)

まず1/3

ちょら君、ももちゃん
1
この日も、ちょら君活発。
疲れ知らずな元気ぶり。

2
ももちゃんも、見違えるような身のこなし。

この日の「ちょら君」は
活発で、もう先先行く感じでした。
鹿がめちゃくちゃおるんでないか?と思うくらい急に足跡や新しい糞があります。
居なくなること3回。
この日辺りからどこかを見つめて鼻をクンクンする仕草が目立ち始める。
そろそろ、次のステップに進めないと・・・・・・。
肝心の猪の存在をハッキリしないと。
ハミ跡も、以前みたいに私でもわかるような大きなハミ跡無いですし
この前の竹藪に行くと、ハミ跡らしきもの発見するも自信が持てない。ここでも鹿の糞が目立つ。

2013/1/4
A
この日は、新しいズボンでご機嫌な私(嬉ション
いつもより、足をのばしてみました
行ったことない山を2つ散策しました。
途中で雪もチラホラ。

B
いつもの鉄塔で少し休憩。
初めの頃なんか、2匹で遊んでましたね、少し人間が休憩すると犬がじゃれあって居ました。(歩いてる途中でも)
最近は道中でもじゃれあわずに、完全にちょら君先頭です。

奥のほうの山間部分で、見通し良い場所に出たとき
どっちに行こうか少し立ち止まってたら
ちょら君が、急に「バウ!」と吠えました。心臓止まりそうになりました、急に吠えたので(笑)
そして吠えながら急ダッシュしました。
見通し良い所だったんで、私にも見えないしどうしたんやろ~とダッシュで追いかけました

そしたら、木の上に何かの「鳥」らしきものがパタパタ飛んでいきました。

立ち止まってシーンとしてたから過敏にきになったのでしょうか・・・・
猿は好きですけど、木の上の鳥にあんなに吠えるほど反応したのは初めてです。

生き物に対して執着してきたのだと思い満足しとります(笑)

私は、引き続き猪の痕跡ばかり注意しています
尾根以外は主に細い獣道を通りながら山を散策しました。

鹿と猪の違いがわからない私。
あるのは鹿の足跡はカナリありました。
でも、この前までは鹿の足跡すら見落としていたので、私も少しは成長したようです(笑)

ぐるりと回って、最後に竹藪に行きました、鹿の糞も結構あります。
ハミ跡もあるのですけど新しいような感じは私はしないように感じてます。
鹿かもしれないし・・・・・・。

C
これは・・・・・猪の糞!?
久しぶりに鹿以外の糞発見(笑)
新しくは無いですが、めちゃくちゃ前のものでもなさそうな感じで

場所を変えようかと思ってましたが、この山に猪が居るのなら
どう行動してどのように、ここへ来てどこに帰ってるのかを見てみたい感じです。

猪の匂い忘れかけてるちょら君(笑)

夏は、ヌタ場付近で興味津々の様子だったのに・・・・。


----覚え書き----

「ちょら君」
・吠えると同時に急ダッシュ。近所の散歩でも犬によっては軽く1~2回吠える。
(喧嘩は売られたことも無いし売ったことも無し。いまんとこフレンドリー)
・疲れ知らずなスタミナ。まあ、結構な速度で登ったり下ったり元気です。
(ここ最近感じました)
・匂いを嗅ぐ仕草が多くなり、チョコとよく似た仕草
(耳を澄ませてるのかもしれませんが・・・)
・呼ぶと帰ってくる。

「チョコ」
・常に私が見える範囲。
(離れても50m以内)

・たまに、走り出すも私が見える範囲でコチラを見てる



2012年12月31日 (月)

今年最後の山歩き 2012/12/31

今年最後の山歩きは
私、嫁キチ、ちょら君、チョコで、いつもの山に行きました。
隣の山も行く目的もありました。

1_2
ちょら君とチョコは活発でした。
特に完全にちょら君は、ダーッと行きます。ここ数回でかなりの変化です。
散歩に行って大きなグランドで離しても、ちょら君のスピードは数段違いで
チョコが良くこかされます。(身体ができあがったのかな)
ジグザグ走行や、360回転しながらの急発進するチョコについて行き追いつくような時期です。

2
雨あがりの恩恵を受けようと足跡を探すも・・・・・見つからない。
今日は尾根をほとんど歩かず、少し下った獣道を意識して歩きました。

3
犬の反応は・・・・良く分からなかったです。
この尾根から外れて歩くタイミングは、犬が尾根から下ったところへウロウロしはじめる時に歩きました。

どうも、この山には鹿はいてるようです。
嫁キチが、50m先位に、ピョーンピョーンと跳ねて白い動物逃げて行ったと・・・
この時チョコは足元、ちょら君は数分前に150m程離れていた時でした。
そこの山で鹿と追いかけっこしてたんでしょうか・・・・・GPSを見たら
その山の頂上付近を一周して帰ってきました。

しかし、嫁キチも「白い物」だと言ってます・・・・・・・私も目視した動物は白っぽいグレーです。

いまだに正体がわかりません(笑)

そして、山を下り何回か前から動物の音とかした山を登ることに。
小さな小川を渡り急斜面な山を嫁キチとどこから上がるかと散策してたら足跡発見。
今の私にはこの急斜面についた足跡が鹿か猪かわかりません(T_T)

「こんな所から行き来するんか?」と思うくらいの斜面でしたが上がろうとすると
犬達がダーッと登って行ったので、私と嫁キチも四つん這いで登って行きました。
急斜面ですが、少し登ると大きくジグザグに獣道?みたいのありましてそれでも幅15センチ程です。

急斜面を上がりまた急な山でした、犬達が、ガサガサするようになりました。そしてまた向こうに尾根がありそうな場所に行こうとすると
30~40m先でしょうか「ガシャ」と音がしました。ちょら君はその近辺に居たみたいでダーッと駆け上って行きました。チョコも私の足元に居ましたが走って行きました。

そして私も駆け寄って行きましたが追いつかず
GPSを見ていると、チョコが帰って来ました。

ちょら君はまた、頂上付近から少し下がった辺りを一周して5分ほどで帰ってきました。
一番離れた時でGPS200m

そして帰ってきてヨシヨシしてると・・・・・・・


「クセー!」またもやGPSが糞まみれになってました(T_T)

そして山を下りて。
車で、次なる良い場所を探すことに・・・・高槻CCから亀岡の方までどこか林道は無いかと探してましたが
行き止まりだったり、柵が貼り巡ってあるので中々中に入りやすい所がありませんでした。

今度はこの近辺で根詰めて探そうかと思いました。



2012年12月29日 (土)

IN和歌山 2012/12/29 (ちょら君、童子君)

今日は、山坊主さんに連れて行ってもらいました。

山坊主さんが友人からの預かっている地犬と

私、ちょら君

まず、地犬の「童子君」を放されました。

私、甲斐犬以外の犬を見るのが初めてでした
初めは人間の近くを居たのですが、何かの匂いを取ったのでしょうか。。。。
見えなくなりました。

そして数分後に下の方で「ワンワン」鳴き声がしました。
すごいです、匂い取れば一直線なんですから。

その後、山坊主さんいわく
起こした後、猪に逃げられたと言って犬がどんどん離れて行きました。
追い鳴きに変わったと言ってました、そして童子君は、GPSが届かない所へ・・・・・

GPSが届くところまで色々歩きましたが
ちょら君を連れてきて尾根を歩きながら探しに行くことに。

今日のちょら君は、大好きな山坊主さんに会えてハッスル気味(=_=)

本当は話しないで山を歩くみたいなんですが
私が色々話するもんだから雑談しながらの山歩きに・・・・。

本当に、勉強になります。
犬居なくても、寝屋まで行くのではないかと思うほどです(笑)
百合パパと山坊主さんがタッグ組めば恐ろしい事になりそうです!

季節や、天候、気温、時期による動物の行動や習性。
野生の動物の行動を予想するのは楽しそうです。

今日の色々聞いた事頭に叩き込んでます!

この領域になるまで数年なんかじゃ無理です(・_・;)
次回からこれらの事も観察しながら歩くので意識したいです!

さて、ちょら君ですが
いつもの感じで少し前を歩きクンクンしとります。
歩きやすい所が好きなだと言われました(笑)

これは、私の責任でもあるでしょうね
歩きやすい所ばかり歩きますから・・・・・(・_・;)

それと、自分の犬のそぶりには、結構すぐに気が付くと私自身思っていたんですが
山坊主さんが「今、ちょら君左下を気にしてましたね?」

と言われ、ちょら君がまた前に進んだので、ああ、、、いつもの事だと思ってると

山坊主:「下のシダの方へ行ってみて呼んでみてください」

私、行って、、、、呼びました
初めての行動を見ました

私の所を横切り奥のシダのトンネルに入って行ったんです。
これには内心ビックリしました。

犬が匂いをした素振りでここまで発展するんですから・・・・。
今日は、これでもか!って位シダに入り込みました。

いつもの10倍くらい(爆)

毎回これくらい入ったらなアカンと思いました。

有意義な一日でした。それと、楽しかったです。
あ、ちょら君、鹿の、匂いは少しは取ったり、追っかけてるみたいですヽ(^o^)丿

今日で山坊主さんとは4回目の山歩きでしょうか
気遣い点数として
初回:50点
2回目:0点
3回目:0点
4回目:30点

ほど貰った気がします。少づつですが、ちょら君は成長してくれてると私は信じています(笑)

そして、2時間程帰ってこない童子君を、車で迎えに行くことに・・・・・
とんでもない林道を上がって行き無事回収♪

■今日のちょら君■
・自らの意志で一度違う所からシダに入った
・鹿を追いだして少し追いかける
・鼻より、目と耳で反応することが多い(これは以前から)

2012年12月24日 (月)

山あそび 2012/12/24

師走で忙しい毎日です(T_T)

今年は年末まで行けそうにないと思ってましたが午前中が空いたので行ってきました。

前から思ってたんですけど場所を変えるべきかなと思いつつ・・・・
いつもの山に5時くらいに到着。

・・・・・・怖い。
不思議なありえない体験をしている私にとって墓場の近い暗闇の山は精神的に苦痛です(爆)

これも犬のタメ、怖いのを我慢・・・・・
って犬がそばから離れるなら私は無理です(爆)

前回から獣の気配があった谷みたいな所を寒さに震えながら立ってるとカラカラと石が転がる音が!
心臓バクバクです(T_T)コワーイ

なぜか、「ちょら君」は私がコッソリ投げた石などには音は反応するものの走ったりしないのですがこんな時は完全に反応が違います今にも行きそうなそぶりを見せます。

チョコは・・・・・怖いのか車のそばで早く帰りたがっているような行動です。

私は谷を下りて行くことにしました(コワー
ちょら君が着いてきて山を駆け上がって行きました。

私は上がるのはさすがに無理です(T_T)
急斜面な山です。

その後暗くて心配だしどうすることもできなくなったら大変なんで呼び戻し帰ってきました。
(今の所離れても、口笛で帰ってきます)

そして明るくなりいつもの山に入りました。
完全に、ちょら君が先頭で先先に行きます、
チョコは、離れると引き返してきて前足を私の足に乗せかかってきます。
(かわいいヤツです)
このチョコの行動が今の私にとって、山での孤独を助けてくれます♪

そして、確認ができてないのですが、2匹とも先先行きだして、私も走って行きましたが
猛ダッシュして走って行きました。

この前から、この場所で、ちょら君とチョコがなんかの糞を食べるんです(・_・;)
狸か、猪か・・・・・・
いずれにせよ糞の状態から何か居てるのは間違いないのですが・・・・・

そしてまだ行ったことのない上の方の林道を車で移動することにしました。

1・・・・・・居たとして鹿しか居ない様な予感がする場所です。
この頂上付近でせっかくだから歩くことにしました。

チョコはお留守番させました。

ちょら君の反応は、落ち着きが無く早く行きたそうな雰囲気でした。
2
林道のどこから入ろうかとウロウロしてる画像です。

3
この辺が尾根へと続いてるのでここから入ってゆきました
初めての山は・・・・・不安です(笑)

初めは松が多く、、、次は杉が多く、、、そして雑木林みたいな場所でした。
足元や周りを観察してましたが、掘りなどの痕跡は私にはわかりませんでした(・_・;)

でも、ちょら君がなんか興奮してたんですが・・・・・・
一度離れてしまい、知らない山での一人ぼっちは超不安(T_T)

数分でGPSを確認して動きが止まったあたりで呼び戻しました。

そして引き上げようと思って歩いてたら「ん?なんか違うぞ」と思いGPS見たら違う方へ歩いてました。

山って怖いですね。歩きやすい尾根沿いに歩いてきたつもりでも違う場所を歩いてたんです。
こりゃ、GPSが使えなくなった時の事も考えないと知らない山はヤバいです。
そんなこんなで車に戻ってきました。


■今日の「ちょら君」■
・初めに比べるとかなり積極的で「この仔行ってくれるのでは?」と言う独りよがりな気分になりました。

・糞を食べる(T_T)
(今回からGPSにサランラップを巻いてます)

・人間が故意的に投げた石は知らんぷり
(犬は音にある方に反応するはずなのですが・・・・もしくは、警戒心が強いのかもしれません)

・何かが居たら「バウっ」と低い小さなつぶやくような吠え方

■チョコ■
・山歩きが楽しいか楽しくないか分からない。

・暗闇での獣の音に怖がる
(車まで引き返しました)

・走る時は走る

・私に甘えてくる
(前回辺りから、強く感じました)

2012年12月 9日 (日)

2012/12/09 山あそび。

今日は、めちゃくちゃ寒かったです。
所々、凍結しとりました

そして今日は
「ちょら君」♂9か月
「ももちゃん」♀6か月

の2匹で行きました。

まず、暗い所をどんどん林道歩いてゆくも
なんの変化もありませんでした。

そして明るくなってきだして山に入ろうかとその前に川を挟んだ向かい側の山に入ったことが無くそばまで行きました。なぜ今まで行かなかったと言うと、かなりの急斜面で会社?が隣接して柵があり入りにくさなどがあり敬遠してた山です。

なぜか、ちょら君がその急な場所を駆け上がって行きました・・・・?
300~400m離れてました。動きを見てると頂上付近から下がったところを一回りした所で動きが止まってました。

すぐ帰ってくるやろ~と思ったら今日は30分位帰ってこなく反対に心配になって
「なんかあったんかな?」と思いショートカットしつつ
柵沿いに呼びながら近づいて行きました

そしたら動き出して、私とは違う方向へ・・・・(=_=)。

車に戻ってました。

そして・・・・・・

そして・・・・・



GPSが糞まみれになって!!(T_T)

動きが止まってたのは一生懸命こすり付けてたんでしょうね(・_・;)
でも、何かに興味を持ったことは間違いないとは思うのですが
凄い勢いで駆け上がってどんどん進んで行ったので・・・・・。

それからいつもの山に入りましたが
「ちょら君」疲れ気味・・・・・・
体力不足?(・_・;)
帰り間際に、なんか吐いてました
(たまに吐くことがあります)

いつもの覇気が無いちょら君の後半でした。

「ももちゃん」
山歩きが大分慣れてきました。
この頃、ちょら君が、人間の歩きやすい所を歩いていたんですが
ももちゃんは、結構それて行きますね。
しかし、シダ付近まで行き少し入るものの枝など障害物があると引き返してきます。
しつこく行く感じです。


●今日の②匹

「ちょら君」
・違う山を走りまわりなかなか帰ってこずも呼ぶと車に帰ってくる
・糞まみれ
・糞か木の実を食べて帰り間際に嘔吐

「ももちゃん」
・山歩きに慣れてくる
・色んな所に興味があり歩いてゆく
・左後ろ脚を時たま上げる仕草

尾根付近で下の方から風があがってくる部分も意識して観察してました。
2匹反応する部分は割と一致するものの
ちょら君は、タンパクですが、「ももちゃん」はしつこさがあり、何度かトンネルまで連れていったりもしました。
そこまで行くと、ちょら君はあちこち突っ込んで行くんですが・・・・・。
ももちゃんは、障害物に当たると引き返します。

痕跡とか見てましたが
どうも、、、、、、、居ない?もしくは何日か前?みたいな感じがします。

思い切って山を変えてみようかなと思う今日の一日でした。