狩猟免許取得に向けて

2012年8月24日 (金)

銃所持の件で警察へ行ってきました・・・・。

係長と話しました。

もうココまでくると色んなフレンドリーな話となりました。
この係長も猟をするらしいです。

さて問答の内容ですが

私:「1月から講習受付の期間があるんですが下さい。」

警察:「6月まで待ってくれ」

私:「この前〇〇県のほおで害獣駆除で同行した際に猪を見て、あんなの銃が無いと
どおにもなりません!」

私:「なにより仔犬を訓練させるのに、山を歩いてますが丸腰では危なすぎます」

警察:「大阪府は、本当はやってはいけないんやけど、人を見てこの人に渡して大丈夫かどうかを面接せなアカンねん」

警察:「推薦状を書いてもらって。1猟期経験をつんだら大阪府にも私どもとしたら
許可をもらいやすい」

私:「今年は無理としても、来期には絶対間に合いたいです」

警察:「来年の猟期には間に合うから大丈夫・・・・・学生が多い時期があるからそれを外して6月に渡すから」

と、このよおな問答。

警察:「ワシらは、なんかあると銃を取り上げにかかるから」

銃を取り上げる事に執念を燃やしている大阪です(・_・;)

2012年8月18日 (土)

狩猟免状GET(1種+わな)

合格通知を持って猟友会に行き

早速、狩猟免除貰ってきました。
さて、これで登録さえすれば猟ができるわけです・・・・・・わなダケですが(・_・;)

#当たり前の事ですが猟をするには、「銃」「わな」以外では狩猟できません

「後は銃だけや!」

そして警察に電話しました

私:「お久しぶりですー、狩猟免許取りました銃の事で話したいんですけど」

警察:「着々と進んでますねー、いつ来れますか?」

(お!すごい友好的な応答になってきてるやん!)

私:「来週の水、木、金、あたりでいかがでしょうか?」

警察:「伝えておきますからまた来週入ったら連絡くれますか?」

1月に初心者講習用紙を頂くために頑張って来ます!

なにわともあれ1歩づつ進んでおります。

2012年8月 9日 (木)

本日:狩猟免許試験(1種+わな)

本日試験でした。

勉強しないと絶対受からないと思いつつ・・・・・
昨夜は狩猟読本を開いて数ページで寝落ち(T_T)

朝の5時頃飛び起きました!

風呂も入っていなかったので朝風呂入り
犬の散歩して試験場の駐車場にて「試験例題」を見て勉強しました(汗)

ハッキリ言ったら
もう無理だと思いました・・・・。

そんな感じで筆記試験始まりました
あれ?

簡単と思いました

1種→30問
わな→30問

1種とわなの問題がほとんど同じでしたから。

70点以上が合格ですから
計算したら6問間違っていても合格となります。

午後の結果発表で「合格」嬉ション!

何人か落ちていました(T_T)

合格した者だけが「実技試験」です。

この実技で色々ミスしてまいました(T_T)

結果は8/15日以降です。

これだけはハッキリ言えます。

「講習会」これを受けなければ完全に落ちてました(汗)
受ける方にはお金がかかりますが、講習会を受講することを思いっきりお勧めします。

2012年8月 4日 (土)

狩猟講習会(1種+わな)

本日、講習会に行ってきました。

もう少しで忘れるところでした(・_・;)


さて、大阪の受講人数は80人くらいは居たでしょうか

罠の受講が多かったです・・・・・実に半数以上

分刻みのスケジュール
3分とか、32分とか(笑)


内容はやっぱり講習会だけあって濃いです
学科は、やはり己自身で勉強はしなくてはならないと実感。

実技の方は、これを受講するのとしないのとではエライ違いです
講習かいを受けなければ無理のよおなきがします!

眠くなる例題問題とは一転して午後からは実技


■銃■
鉄砲を初めて触りました!

試験では、元折れ式、2連自動銃のいずれかを分解、組立、装填、脱砲
タマタマ触ったのが、自動銃だったので試験では自動銃をチョイスしよおかと思っています。

「脱砲ヨシ!」
「先台ヨシ!」
「銃身、銃口ヨシ!」
「機械部ヨシ!安全子ヨシ!」
「元台ヨシ!」

しかし、壊れているのや、ガタがきている銃もありました(悲)
あんなん試験でつこたら、絶対タマ落とすし・・・・(=_=)

当日は調子のよい鉄砲の番号覚えてきましたから、オバチャンのバーゲンセールみたいに
まっしぐらにつかもうかと思っております(笑)

それと空気銃もさわりました。

手にさわり、各部の名称も理解できました。
しかし、私は自動銃は合わないような気がします

危ないような気がしますし、、、、、。
元折れは、ビジュアル的にも好みではありません
銃は真っ直ぐでなくちゃ~

って事で銃はスライドアクションにしよかと思っていますが
これは来年までお預けですネ(悲)

■わな■
うーん、やはり使わないような気もして
興味もないんですがとりあえず理解できました(・_・;)


最後に運営の方と話して初心者講習会の回数聞きました。
3回あるそおです。

3月が一番早いので、此方はすでに狩猟免許も取れているハズ!(ですが・・・・)
警察も拒めないでしょう。
来年の猟期には始めたいです!

余談ですが
大阪府は銃所持に関しては汚いらしいです。

→2回目で初心者講習を貰った人は、「1回は落とされる」と言い

もっとひどいのは

→学生が「全員落とされた」と言ってました
特に学生なんかは、集団で受かるために学習してきているのにです。
この件で、大阪府に点数を開示しろと言ったみたいですが
結局開示されず・・・・・

ハイ、、、、、大阪は銃に関しては本当にグレーです(怒)

2012年6月30日 (土)

狩猟読本・・・(=_=)

Securedownload先週に、猟友会の方に申し込み用紙を頂きました。

今年はナイフで狩猟します!(爆)

とりあえず、申し込み用紙といるものとしましては

・診断書
・写真

診断書は、医者にみてもらい普通な簡単な診断・・・・
写真は、犯罪者のような中年Aになりました(悲)

そして猟友会本部に持参した際に60人くらい?いるとのこと

事務おば:「ほとんどが罠ですよ。銃は大阪は厳しいからねー」と事務員のおばさんが言ってました。

事務おば:「罠どうされます?」

私:「いりません!」

事務おば:「一回で済むよ。この前罠の体験の時に解体体験もあったよ」

私:「・・・・・・・試験も一日ですか?(ムズムズ)」

事務おば:「そうです」

私:「講習も試験も受けます!」

事務おば:「はい。2万なんぼ・・・」

私:「・・・・・・。(たけー)」

ってな感じです(爆)

鳥の種類が多すぎてわからないです(T_T)
しかも、オスは良くてメスは非狩猟獣・・・・・

奥が深いです。はい。

2012年6月14日 (木)

銃の所持について警察に

行ってきました。

今日は凄く感じ良かったです。今までと違い

推薦状があれば来年6月に出すと言ってくれました。
新しく来た人が真剣さをわかって頂いて今までとは違って
ようやく入り口が見えました。
今まで何回足を運んだか・・・。

家族構成、収入、犯罪履歴、動機、交友関係
仕事を抜けて警察に出向いて行って早ければ5分ほどで終わったりとかありましたが
これは伺っていた話なんで腹が立つことは一度もありませんでした。
危険な銃を一般市民に持たすわけですから、警察も人の観察をしなければならないし
致し方が無い部分もあるのも分かります。


ですが、私は今年の猟期からしたいので7/19までに講習申込書が欲しいところです。

この件について猟友会の方に相談しています

今、猟友会若い世代が居なくって、のどから手が出るくらいに欲しいと本部の方もおっしゃっていました。

今まで、スポーツや趣味とかいろいろ
半端な気持ちや妥協なくやってきたつもりです

殺生をするわけです
マナーの良い方に教えてもらいながら
犬と人共存し猟を古くからおこなわれてきた歴史に触れてそれを続けていきたいなと思っとります。

2012年6月 8日 (金)

銃の所持・・・。

久しぶりに警察の保安課にアポとりました。

前回話をして課題というか帰り間際に言われたのが

警察:「一度猟を経験してみては・・・。?」

でした。

免許も銃も無いのに(=_=)

銃が無いと猟ができません!

この季節に害獣駆除依頼も大阪の離れ地域だけだし
待っていてもなかなか同行できません。

私を信用してもらうしかないです
根をつめて警察に通う心構えです。

狩猟免許は8月に受ける段取りとなっています。
来週の木曜日に行ってきますー。

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ

2012年5月 6日 (日)

大阪市の警察の対応

もう、7回ほど行っているでしょうか・・・。

警察:「銃を持ちたい動機は?」

私:「甲斐犬を使って猪猟をしたい」

警察:「動機にはなりません、大阪は銃を持たせたくありません。けど話は聞きます」

このような話ばかりでなかなか講習申し込み書をくれません(T_T)

弁護士で一発で行こうかとも思いましたが
自分ができるところまでやりたいですが

犬も来たので悠長な事も言ってられません(T_T)
大阪猟友会本部の方や支部長の方にも色々お話を聞かせて頂いてますが
すんなりとは行かない状況です。

警察の対応は
いままで一応私自身が腹をたてるような事は言われていません

つか、最近の私は紳士です!(笑)
車の運転がさらに安全運転になり大阪の街ではクラクション鳴らされそうです(笑)

警察の方も忙しいかと思いますが銃が無いと猟ができないので
早く講習書をください(T_T)

スポーツの「クレー射撃」なら動機になるみたいです。
ですが私の動機は「犬を使った猟」なので今更動機を変えるなんて恥ずかしいこと出来ないのですが
銃の腕を磨きたいとは思っています

役所職員の害獣駆除の同行後、それを話にまた警察に話を聞いてもらいます。
これがダメなら、私は弁護士にお願いしようかと思っています。