« 山賊ダイアリー (狩猟のマンガ) | トップページ | ちょら君が猪を・・・・ »

2013年2月 3日 (日)

水槽架台作らされる(T_T)

1
嫁キチが、グッピーを飼うと騒ぎ出して、あらゆる事が私に押しかかってきております(悲)

まず、22000もするグッピーを買って、あくる日に天に召されたグッピーに
嫁キチは半狂乱になってビクビクした日を過ごしてました。

ま、これも勉強。私ならこうすると言う持論はありますがあえて、嫁キチが店の人に説明を聞き自分でやらせます。

って事で水槽の立ち上げのお助けを。
昔は良く水槽の台を作ってましたね。大型水槽はアングル溶接で、手ごろなのは木製と。

2×4の木材を使います。非常に簡単でしっかりとした物が安価で自由度が高い水槽台を作れます。

2
カウンターの下のスペースを利用する感じで。
今回はあまり重い物を乗せないので木材の組み方は外見重視の構造です。

3
さくっと作業を進めてここまで1時間かからない位です。
使用する道具は
・インパクト
・コースレッド(スクリューネジ)

コツは、バリバリネジを締め付けると木が割れたりするので手間ですが下穴をドリルで空けると木が割れませぬ。

4
見える部分には、ネジの頭を隠すために、あらかじめ丸棒サイズの穴を半分程度開けておき丸棒をツッコミ、ノコでカットします。
仕上がり度が違います。

5
後は、業務用の照明を配線して
水槽上部を開閉できるようにして
オイルステンという塗料を塗っておしまいです。

このサイズの水槽を4個並べれる寸法です。後は配線類を隠すようにレイアウトや板を張って隠すだけです。

狩猟への道が・・・・・・・・

趣味への道になりそおです(爆)

おっと、こんな時間
山へと行くぞ~!

« 山賊ダイアリー (狩猟のマンガ) | トップページ | ちょら君が猪を・・・・ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

素晴らしいですね!!日曜大工で素早く出来るようなレベルじゃないですね。
プロの仕事ですね!!
これから山ですか♪(^o^)
羨ましいです(;_;)
自分は最近忙しく、毎朝、仕事前の真っ暗な中の夜引きで犬に引きずり回されております!!(爆)
山訓練、無事故で頑張って下さい!

すごいですね〜。
ネジ頭を隠すところなんか、なかなか出来ません。

私も、犬小屋を溶接して作ってみたり、車載犬舎を手作りしてみたり、ヤギ小屋を作ってみたり、モノ作りは好きですがどうしても素人のやっつけ仕事の域を出ません。
ということで、うちの嫁は私に何かを作ってくれとは一言もいいません(笑)。

今日は私も昼から、例のお客人と山歩きの予定です。また、報告しますね。

すごい~♡ 近くに住んでいたら ジムニーの後部座席に
細工をしてもらいたい~♡ (笑)

明日 また高山へ行ってきます。
明日も お土産を手に帰ってきたいです。
写メを忘れないようにしなくっちゃ ^_^; 

小梅ネエさん、
ちゃんと写真撮ってきてくださいね〜。

あつ宗さん、
今日のブログがまだ更新されませんね。
私の方は、ブログアップしましたので、見てください。
楽しい山歩きでした。やっぱりいろんな犬を見るのって楽しいですね。
今度、またキラちゃん、モモちゃんを連れて遊びに来てください。

高竜さん
でも、嫁にはいつも文句言われます(T_T)

私、日曜大工苦手で
いがんだりするんです!(爆)

実は水槽台もカタカタしてますよ~

仕事忙しいとは良い事ですね♪
私はこれから1年半は
オン、オフはっきりしているので
結構自由な時間が取れそうです(^^)

山坊主さん
ネジが見えるのもまた、味があって良いのですが(^^)

一緒ですよ一緒です(爆

良いモノを作ろうとすると
道具に金がかかります!

その道具を・・・・・・何回この先使うのか?と考えたときに
道具の購入意欲が下がります♪

仕事で使う道具は良いの買いますが、日曜大工・・・しかも出番が少ないとなかなか買えません(T_T)

お客人との更新楽しみにしてますよー

今日、モタモタ林道を探すのに運転してたら
後から無線を積んだデッキバン2台にぶち抜かれました!(笑)
三田方面行ってましたね~その猟師っぽいデッキバン

小梅ネエさん

そのレベルは私は無理です!(笑)

高山に行かれるんですか
気を付けて行ってきてください!お土産がどんなのか
また楽しみにしながらブログ見に行きますね♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1682547/49137948

この記事へのトラックバック一覧です: 水槽架台作らされる(T_T):

« 山賊ダイアリー (狩猟のマンガ) | トップページ | ちょら君が猪を・・・・ »