« 2013年1月 | トップページ

2013年2月14日 (木)

ブログ引っ越しします。

アメブロ「狩猟への道」

に移行しました。
引っ越しに当たり、貴重な皆様のコメントまで移設ができませんでしたのをお詫びいたします。


今後更新等は新しいブログにて行こうかと思っています
引き続きよろしくお願いいたします。

2013年2月12日 (火)

「俺の長靴」

Photo
俺の靴・・・・・・

思いきり寒い時期に注文してようやく、数日前に到着しました(笑)

あまり出番がなさそうですが、大阪は今日雨降ってます。
明日デビューです!

長靴も何が良いかわかりませんが

とりあえずダイドーのスパイク付き。
長靴で10000円以上は、初めての体験でカナリ勇気いりましたよ。

2013年2月10日 (日)

山あそび。(ちょら君、チョコ)

Photo先週見つけた山に行ってきました。

今日は良く寝たので私自身が元気でした(笑)
まず、車を止めて入ろうとするとチョコが嫌がります・・・・・(電気柵のトラウマか)

仕方が無くリードをつけると着いて来るので電気柵を過ぎるまでつけながら行きました
ちょら君、チョコ共に活発です。

ちょら君は、あちこちでクンクンしながら何か食べたりしとります
チョコはあちこち行くもすぐに渡し所に戻ってきて前足を私の足にトンとかダルいことしてきます(笑)
ま、ヨチヨチしながら行くと

「コラー」って言うような声がしました。
山の中腹辺りでしたが、下の方でオジサンの姿が小さく見えました。
(怒られたかな・・・・)

犬の散歩ですと話をしようにも少し距離がありましたので
下りた際に会ったら話をしようと思いそのまま上がりました。

急な雑木林の枯葉だらけの急斜面を登り、尾根から奥山に行こうと思いました
尾根と言ってもカナリ歩きにくいとこです。

痕跡は私が思うに新しい掘り起こした後がありました。
けど、この辺りに出没するもどこで影をひそめる場所があるのか?と思うほど
雑木林はありますが隠れ家的なシダとかがほとんどありませぬ。

違う所で寝とるもかな・・・・・
鹿は尾根あたりで寝てそうな跡がありました。

しばらく枝を払い、顔面にビシビシ枝の跳ね返りを受けながら歩いてると
ちょら君が首を伸ばして下を見る
(この動作の時にたいがい下りて行きます)

走って行きました、私も慌てて追いかけるも何も見えません、反対側でウロウロしてたチョコも戻ってきて走って行きました。
ちょら君200M離れてチョコも珍しく80m程離れました。

結構なスピードで、ちょら君が横走りしてたので何かを追ったのでしょうか・・・・・。
チョコも反応したことでなんらかを追ったのでしょうが、その姿を見たりできない私は
面白くありません(笑)

離れすぎたので呼びます
チョコすぐ戻り、ちょら君は、声を出すたびに近づいてきて合流。

一度戻ると、あまり私の見えない所まで行かなく、私をチラチラ見る、ちょら君。
(ここ2回程で気が付いた行動です)

そして下が気になるそぶりしたので着いて行きます
クンクンあちこちを匂うも何もなし。
(雑木林が密集してるけど見晴らしは悪くない)

するとチョコが一歩も動いてません。

80m程離れています。
呼びます!
来ません・・・・。

ん?おかしいなと思い、何回も呼ぶも来ません。
仕方なく戻ることに。

すると画像のよおな所で、トグロまいとります!(なんじゃそれー

おかしなことに、呼んでも立ち上がりません
怪我でもしたかなと腹を見たり足を見たりしてもなのもありません。

その場から動かないのでオヤツを出して呼んで
与えると戻ってゆきます(爆)

しかも、ちょら君が近づくとガウガウ怒っとります。
鹿の寝てた跡かな・・・・・。

よくわからん事してます初めてです。
一歩も動く様子が無いのでリードつけます
すると普通に歩きます。
見たことない行動でしたね。

そして山を下りる、チョコがなんか変なので車に置いて

ちょら君と隣の方から上がろうと思いました
ついて行き。なんかこすり付けてるなと思ったら

この前の死んだイノシシ(・_・;)
先週と違って、目がなくなってました。

そしてさあ、今日はまだまだ行くぞ~と尾根近くまで来たら
チョコが吠えています。
あの鳴き方は、家だと配達員とか来た時の鳴き方です。
ちょら君も、カナリ気にしています

「ん?さっきのオジサンかな」と思い焦る。
仕方ないのでダッシュで下りる途中で

何か怒鳴り声がしました(汗

猛ダッシュで降りると人影はなく・・・・・

(どうしよう、ココはダメかも・・・・・。)

-------今日の覚え書き-------

ちょら君
・呼ぶと必ず帰ってくると確信(今の所
・一度戻ると、見えなくなるほど離れなくなるような気がする(チラチラ私の方を気にする)
・動きは私が歩く方向の前で直線でたまに、脱線する程度。

チョコ
・トグロをまいて動かなくなる
生理かな・・・・
・帰る際には早足になる。
・今日は私の半径15mほど動き回ってた(いつもは直線的)



2013年2月 4日 (月)

ちょら君が猪を・・・・

2_3


捕獲。


って言うより死んでいた♂猪ですけど(笑)


1_2
まず、今日は兵庫県に方へ、フラフラと行きました。

そして雑木林の山が連なっているところで
車が国道や民家から離れた所へ置きたいので林道を探す・・・・・・

その林道を探している途中で、車が入れやすくなんか、よさそうな雰囲気の山があったので
ココに入ることに。

小さな川も流れていて、落ち葉が一杯。
車を止めて痕跡をみようかと思って車を降りたら

ありました。
ハミ跡や、足跡がありました。いつかは分からないのですが最近のだと思い車に戻り
犬を放して山に入りました。

シイタケの栽培してる所があって、電流柵がありまして
またもや「チョコ」がかかりギャンと鳴き
山に入るのを嫌がりました。

車に戻って車の周りから離れません。

仕方が無いので、山の入り口付近痕跡があった先を先にうろつこうとしてたら
ちょら君が、クンクンしてたから「ナニやろ?」と思って見たら猪が死んでいたわけです。

左後ろ脚が骨が見えてました。言うほどの悪臭はなかったですし
死後そんなに経ってない感じでした。

でも、猪が立ち寄るとわかっただけでも収穫とします。

もうチョコは呼んでも来なく車の周りに居るのでほっておくことにして、ちょら君と上がってゆきます。

鹿の糞はほとんど見かけなかったです。猪の糞もありましたが真新しさはありません。

ちょら君が、しきりにウロウロしながら上がってゆきます、ウロウロと言っても
前を歩いてクンクンする位ですが・・・・・時折脱線する程度です。

一回、最大500m離れました。スピードが上がりましたので何かおったのかもしれませんが
その、何かを感じたときに私の見えない先で追いかけるので、難しい所です。鹿かな・・・・。

しかも鳴きません。今の所、山で追い鳴きや見つけて吠えたのを聞いた事ありません

離れすぎたら呼び戻すみたいな感じをしながら歩いて行きました。

3_2
急な、落ち葉だらけっで上がりにくい山を上がってゆき尾根が開けてない山ではありましたが
ハミ跡が、尾根のあらゆるところにありました、また斜面の木の根っことか・・・・
4_2
落ち葉があると、私レベルでは予測不可能(T_T)
良く聞く、落ち葉のひっくり返りとか・・・・・・・・わからんし!(笑)

ただ昨日は雨が降ってて理解できる痕跡もありましたが、落ち葉のフィールドでは
わかりません(T_T)

ヌタ場を4か所くらい見付けて
鹿しか居ない所、猪と鹿が混じった所など、自分で都合の良い想像をしながら
遊びました。

すると、ちょら君がまた離れかけたので呼びました
犬の行くところへ着いて行ってるのですが・・・・・私は遅いです、、、、っていうか落ち葉だらけで獣道も通りやすくないので大変でした。

しかし、歩きにくい獣道が某山での経験がありましたので
何かを感じたいところであります。

続きですが
ちょら君を呼び少し間をあけて探させようって事をしてみました
GPS見てると面白いです。

一度、口笛や名前を呼ぶと、こっちの方向を向かってくるも
その場で止まったり、私が来た道を行き離れていくことも(笑)

その次くらい、呼ぶと近くまで来ますけど
また、アンアン言ってました(爆)

寂しがり屋か?


-------今日の覚え書き-------
「チョコ」
・初めは活発
・電流柵にかかり車の周りに戻り2時間くらいお留守番。(GPSで確認。放っておきました)
・それか、猪の匂いするんでビビってたのかもしれない。(でも始めは活発でしたからこの線は薄いかも)

「ちょら君」
・死んだ猪見つけてクンクンのみ。
(執着あまりなかった、興奮もみられない)
・最大で500m位離れる、離れすぎ。黙って見てるわけにはアカンと感じました
・後半、「待ってくれよ~」って話しかけながらハアハア言いながら斜面を歩いていると
私の方を気遣って待ちながら歩いてくれた(笑)
・立ち止まるも匂いの反応が鋭いのかぼーっとしてるのか分からない
下方を眺めるもその方向へ向かうのはタマに程度

2013年2月 3日 (日)

水槽架台作らされる(T_T)

1
嫁キチが、グッピーを飼うと騒ぎ出して、あらゆる事が私に押しかかってきております(悲)

まず、22000もするグッピーを買って、あくる日に天に召されたグッピーに
嫁キチは半狂乱になってビクビクした日を過ごしてました。

ま、これも勉強。私ならこうすると言う持論はありますがあえて、嫁キチが店の人に説明を聞き自分でやらせます。

って事で水槽の立ち上げのお助けを。
昔は良く水槽の台を作ってましたね。大型水槽はアングル溶接で、手ごろなのは木製と。

2×4の木材を使います。非常に簡単でしっかりとした物が安価で自由度が高い水槽台を作れます。

2
カウンターの下のスペースを利用する感じで。
今回はあまり重い物を乗せないので木材の組み方は外見重視の構造です。

3
さくっと作業を進めてここまで1時間かからない位です。
使用する道具は
・インパクト
・コースレッド(スクリューネジ)

コツは、バリバリネジを締め付けると木が割れたりするので手間ですが下穴をドリルで空けると木が割れませぬ。

4
見える部分には、ネジの頭を隠すために、あらかじめ丸棒サイズの穴を半分程度開けておき丸棒をツッコミ、ノコでカットします。
仕上がり度が違います。

5
後は、業務用の照明を配線して
水槽上部を開閉できるようにして
オイルステンという塗料を塗っておしまいです。

このサイズの水槽を4個並べれる寸法です。後は配線類を隠すようにレイアウトや板を張って隠すだけです。

狩猟への道が・・・・・・・・

趣味への道になりそおです(爆)

おっと、こんな時間
山へと行くぞ~!

« 2013年1月 | トップページ