« 中島猪訓練所。 | トップページ | 甲斐犬で猪を獲りたいと思ったキッカケ。 »

2013年1月14日 (月)

猟師が生業。

先日、中島訓練所に行った際に色々話をしてくれました。中学から山に入り20歳から猟1本
23歳で訓練所開設。
色んな方と接するのが多いんですが、きさくで嫌味もなく上から目線でもなく私のようなヒヨッコにもならない者に色々話してくれました。

・甲斐犬で猪に行く犬は極わずか・・・この犬種で行くには人間のレベルをあげないといけない。それほど猪は格別で難しい事を要求される、向かってくるから

・銃を持つときは必ず装填してはならない。犬が止めてる時に♂か♀か?脂が乗ってるか?など余裕を持って目視確認しないと事故が起きる可能性がある。
人間の方が興奮してしまうことがあるから

・獲れる獲れないは犬にもよるが人間のセンスもいる。第6感、野性味、洞察力
山に入ったら人間が変わるくらいにならないといけない。

・猟場が大事。猪は増えてない。むしろ減っている
罠が24時間体制でかかればピコピコなるから有利だが、そこにストーリーと楽しさが無い

・鹿10に対して猪2~3
そのなかで有害などで鹿を獲りすぎると猪犬が鹿犬になってゆく。

・猟場は植林で無く雑木林、雪のある所で見通しが良い所が獲りやすいし脂ものっている

・甲斐犬は本来カモシカ猟。カモシカは攻撃もせずにひたすら岩場を登る。その岩場を登り追い詰める強い脚力があるのが甲斐犬。

・噛む系統は噛む系統のみ。鳴く系統は鳴く系統のみ。しかし〇代まで。
血統は大事。猟芸、体格も遺伝するがそれでも使えるのは一握りだけ。

・山によって獲れる犬獲れない犬がわかれる。

・掃いたら出てくるくらいの猪がおる山にいくべき
それを自分で探さないといけない

・猪を逃がさないで怒らす犬が良い。鳴かなくても周りをグルグルするだけでも猪は怒る。
小さな猪は逃げるので、それを止める犬はレベルが高い。

・下から近づいてはダメ、銃を構えると人間の方へ突っ込んでくる。

・犬が1匹やと人間の方へ連れてくる、これは猪が怖いから人間の方へ帰って来た時に、猪もついてくる場合もある。

・理想は追ってもすぐ帰ってきて来た方が人間からしたら楽。しかし猟欲のある犬はとことん追う。

・鈴は付けた方が良い。甲斐犬は猪と間違われる可能性あるから。鈴の音が鳴るからと言ってなんら影響を与えたことはないと思う。

他にも雑談等ありましたが、アドバイスと聞いたりした言葉でした。

« 中島猪訓練所。 | トップページ | 甲斐犬で猪を獲りたいと思ったキッカケ。 »

」カテゴリの記事

コメント

なるほど〜。
私の独断と偏見を、、、、、、

・甲斐犬で猪に行く犬は極わずか・・・・向かってくるから
同感です。私も猪が獲りたくなったら甲斐犬じゃない犬を選択します(笑)。

・銃を持つときは必ず装填してはな・・・・・人間の方が興奮してしまうことがあるから
同感です。経験あります。後でぞっとしたことがあります。

・獲れる獲れないは犬にもよるが人間のセンスもいる。第6感、野性味、洞察力
山に入ったら人間が変わるくらいにならないといけない。
同感です。百合パパさんなんか、山に入ったら変身する典型じゃないでしょうか?

・猟場が大事。猪は増えてない。むしろ減っている
これは、地域によりそうですね。ただ、基本的に鹿の増えているところでは、猪は増えていないと思います。環境を考えると猪よりも鹿が悪いですね。

・罠が24時間体制でかかればピコピコなるから有利だが、そこにストーリーと楽しさが無い
同感です。猪の肉が欲しければ、罠の技術を磨きます。

・鹿10に対して猪2~3。そのなかで有害などで鹿を獲りすぎると猪犬が鹿犬になってゆく。
同感です。しかし、猪は多産で一度に何頭も生むのに対して、鹿は一度に一頭しか生まないのに、なんであんなに爆発的に増えるんでしょうね。まあ、産む数だけじゃなくて、いろんな生態があるので、そういうものなんですけど。

・猟場は植林で無く雑木林、雪のある所で見通しが良い所が獲りやすいし脂ものっている
雪の降るところで猟をしたことがありません。。。。。。

・甲斐犬は本来カモシカ猟。カモシカは攻撃もせずにひたすら岩場を登る。その岩場を登り追い詰める強い脚力があるのが甲斐犬。
かなり同感です。カモシカ猟を専門にしていたかどうかは知りませんが、猪猟でないことは確かですね。甲斐の国に、野生の猪が棲息しはじめたのって最近みたいです。もともと、その地域に棲息していた動物が狩猟対象だったんだと思います。個人的な独断と偏見で、猪猟のために使われて来た犬は、紀州地方と四国地方じゃないでしょうか?気候的にもかなり昔から猪が棲息していて狩猟対象になっていたと思います。九州はいつごろから猪が棲息していたのか、よく分かりませんが本州の猪とは別系統のはずです。

・噛む系統は噛む系統のみ。鳴く系統は鳴く系統のみ。しかし〇代まで。血統は大事。猟芸、体格も遺伝するがそれでも使えるのは一握りだけ。
同感です。ただ、これはあくまでも猟師目線で、猟犬の話だと思います。噛む、鳴くという行動の裏にある犬の本質を見ているわけではないように思います。きっと中島さんは、いろんな犬を見て来ているので、その辺のツッコンだ話を聞いて見たいですね。

・山によって獲れる犬獲れない犬がわかれる。
そうなんでしょうね。山相も違えば、猪の生態も違うんでしょうね。必然的に求められる犬の能力も違うんでしょうね。

・掃いたら出てくるくらいの猪がおる山にいくべき。それを自分で探さないといけない
私もそんな山を見つけたい。。。。。。

・猪を逃がさないで怒らす犬が良い。鳴かなくても周りをグルグルするだけでも猪は怒る。
小さな猪は逃げるので、それを止める犬はレベルが高い。
なるほど。納得です。

・下から近づいてはダメ、銃を構えると人間の方へ突っ込んでくる。
今のところ、逃げる猪が多くて、本気で突っ込んでくる猪に出会ってません。出会いたくないです。

・犬が1匹やと人間の方へ連れてくる、これは猪が怖いから人間の方へ帰って来た時に、猪もついてくる場合もある。
良く聞く話ですが、この時の心理状態について、猪にインタビューしてみたいとずっと思っています。

・理想は追ってもすぐ帰ってきて来た方が人間からしたら楽。しかし猟欲のある犬はとことん追う。
同感です。私の様ななんちゃって猟師は、猟欲よりも人間との協調性重視です(笑)。

・鈴は付けた方が良い。甲斐犬は猪と間違われる可能性あるから。鈴の音が鳴るからと言ってなんら影響を与えたことはないと思う。
これは、未だに結論出ていません。ただ、最初は鈴を付けていて、ある時から猪が先に起きることが多くなって、ある人にアドバイスをいただいて、付けなくなってからまた猪を目視出来ることが多くなりました。私の場合は、猪を追っ払うばっかりで仕留める事がないので、猪に学習されてしまったのかもしれません。ちゃんと獲物を獲っていれば、影響ないのかもしれません。


ついついて、長々とコメントしてしまいましたけど、おもしろい話をたくさん聞いて来られたんですね。また、思い出したら続報をお願いします。

●山坊主さん
ほぼ、山坊主さんと同じこと言ってるので真新しい事は無い感じです(^^)

私も良く聞いていた
甲斐犬は自分より強い相手には行かない。
こんな行動も私の解釈は「頭が良く怪我をしない」と良く思っています(笑)

甲斐犬を使ってない人は
猟犬と比べてしまうでしょうから物足りなさが盛りだくさんあるかと思います(・_・;)

向かってくる猪の話の時は、噛み止めしてる時って言ってました銃を構えると
絡んでくる犬を放っておき一目散に来るって言ってました(汗)

猪のたくさん居る山・・・・・・・
行ってみたいです(笑)
一応方面を聞いたのですが、少し遠いですね
丸腰で毎週山に入れるならかかっても1時間半圏内だと良いのですが・・・・。

レミントンは、装填してても前にプッシュしないと発砲できないんですよね?(^^)


甲斐犬らしさっていうのも、人によってそれぞれ解釈があると思います。

他の猟犬と比べて、甲斐犬で物足りないところは多々ありますが、それでも良いところもたくさんありますね。どこに重点を置いて、犬を評価するかですね。

猪が向かって来るのは、確かに犬に絡まれている時が多いっていう話を聞いた事があります。私の今のやり方だと、多分大丈夫だろうと思っています(笑)。

おっしゃるとおり、レミントン870は、先台をきっちりと前に出さないと発砲されません。先台が前に行かないようにしておけば、発砲の時に静かに先台を前に送ってやれば撃てます。それか、薬室には弾を入れず、弾倉に入れておいて、撃つ時に先台をしゃくって弾倉から装填した方が安全だと思います。ただ、この場合だと、どうしても装填する時に音がしてしまうので、静かに装填したいときはダメですね。撃つ直前に装填と同時に発砲でしょうか。

よく学習していると思います。気の付いたことを少し。
1、飼い主以上の犬はできない
2、勢子たる者、常に犬より前への心構え
3、満足できる犬は一生に一匹だけ
4、勢子は鉄砲に弾を入れるな。勢子が役割である。9号のみでも良い。
5、猪が欲しいのなら、鹿は撃たない。

勝手な事を言ってすみません。

●山坊主さん
甲斐犬が好きなので私の場合はどうすることもできません(+o+)

詳しい説明ありがとうございます。
ますます欲しくなってます
レミントンがどういった仕組みなのかが分からないレベルの私・・・・(悲)
でもこの銃を買いたいです♪

●常盤万作さん
はじめまして、書き込みありがとうございます(^^)

見ての通り何も分からないまま足を踏み入れようとしています(汗
今、おっしゃってる領域に全然入り込んでいませんが

アドバイスありがとうございます!


お名前は、拝見したことあります
今後ともよろしくお願いいたします(^^)

勉強にりました。

が、私は犬が好きでなければ、猟はできませんね。

●yurityann papa さん
百合パパさん?(^^)

猟してる方って大半が犬を凄く大事にしてるのではないでしょうか(*^^)v

あつ宗さん、

百合ちゃんパパさんが、酔っぱらって書き込みしたか、あるいはたちの悪い成り済ましでしょうか。

個人的には、酔っぱらっているに一票です。

私も酔っぱらってるに1票です!(笑)

久々にきてみたら。。。
4足やらないけど 勉強になるわ~ (笑)

↑ 酔っ払いの 百合ちゃんパパちゃんでしょ♪

山坊主さん。。。
解読できましたか? (笑)

●小梅ネエさん

こんなところに(笑)

山坊主さん、百合パパは多分・・・・・
見落としますよ~(笑)

●小梅ネエさん

こんなところに(笑)

山坊主さん、百合パパは多分・・・・・
見落としますよ~(笑)

あつ宗さんとこのブログって、過去の記事にコメントされると見落としてしまいますよね。
最新コメントがどこかに表示してくれるとありがたいんですけどね。

たまたま、気づきました。
ということで、小梅ネエさん、コメントは最新記事に残しましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1682547/48738551

この記事へのトラックバック一覧です: 猟師が生業。:

« 中島猪訓練所。 | トップページ | 甲斐犬で猪を獲りたいと思ったキッカケ。 »