« 山あそびIN亀岡近辺 2013/1/18 (ちょら君、チョコ) | トップページ | イノシシ解体▶帰宅後。 »

2013年1月21日 (月)

甲斐犬で猪猟を体験させて頂きました。2013/1/20


1_2


ブログを通じて友人に紹介して頂いた方に連れて行って頂きました。
自分の犬を連れて行きたい気持ちを抑えてでも今の私には貴重な体験だと思い
甲斐犬での猪猟を勉強させて頂くために行ってきました。

-------午前中-------
某県での山です。
私、Yパパ、甲斐犬「ジンリュウ」と3人で入山。

まず、そこいら私でもわかる猪の痕跡。心がワクワクします。
まず、犬の動き。それを私個人でもわかるように持ってるGPSをジンリュウのID登録しました。

捜索レンジは200mでしょうか・・・・・
って言っても猪の匂いを拾うと寝屋まで一直線です。
寝屋に行くとGPSを見るとその周辺が色で塗りつぶしたようにウロウロするので
私にでもわかります。

まず初めの寝屋は見通しが良い所なんですが
私が居たためか、そのような場所では数回猪に到着する寸前で走られてます。

そして何個かめの寝屋、シダでまたしても到着して走られましたが少し下がった所でジンリュウが止まっています
「ん?」と思ったら猪の鳴き声が「ピーピー」聞こえました

見るとジンリュウが咥えとります!
そこにYパパ氏が行き余裕の表情で私を呼びます
そしてナイフで止めをさして、友人に電話すると言って私は後で落ち着いてからしますと言ってましたがもう電話してました(笑)
(止めまで泣き叫ぶ猪を見て・・・・なんとも言えない気持ちでした。慣れるのかな・・・・・・。)

そして20キロ位の猪を引っ張る仕事です。
私はこう言う事をしなけりゃならないので自分一人で引っ張る気満々でしたがこれが・・・・大変(T_T)

100キロ超えたら、どうなんの~って思いました(+o+)
なんやかんやで猪を山から降ろして
次は腹抜き。初体験です、これとぞばかりに解体まで見たい!とYパパに言うと
承諾してくれました。嬉しかったです感謝(^^)

-------午後-------
違う山へ場所移動。

もう満足感てんこもりな私ですが
見晴らしの良い場所でオニギリ食べようって事でしかも、猪のおる山がええじゃろう~
って言い絶景な場所で食べました。奥様が作ったオニギリはまた格別でした。
(この場を借りて、ありがとうございます。)

そして、昼食が終わりジンリュウが探し始めました。
腹が膨れて猪も降ろして満足感溢れた私とは裏腹に、ジンリュウのエンジンがかかりました。

探す探す!行く行く!
背丈以上もあるシダの所へまず行きました。深すぎて人間が簡単には行けないような場所ですがそれでもYパパが行き私も着いて行きます。ジンリュウもどこに居てるのかGPSでも見ないとわかりません。
深すぎて猪もわからぬまま走り去り、ジンリュウ追跡。

そこからギアの入ったジンリュウは5回以上は寝屋を突き止めたでしょうか。

もう、この山はシダが多くてイバラはあるはですんごい山でした!

犬の150mはすぐに行けるでしょうが人間がそこにたどり着くのに大変でした(笑)
Yパパは、「あつ宗さん、そこで待ってて~ワシ見てくるから」
って言う甘い言葉は発しません!
かならず「こっちきて見てみて」と言います。

トンネルにはなっているのですが
シダが長すぎて、シダの雲の上を歩くような感じで時には、ズボッとはまったり
また、前のめりでスライデングになったりしながら必死で進みます(笑)

しかし、このような寝屋では猪はなかなか逃げないのも理解しました。
(猪優勢でしょうから)


そして、また次の寝屋へ・・・・・・・・・。
その合間に古い建築物があると言うので、そこに行き見ると感動しました。
一眼を持って写したいと思いましたね。

するとまた、寝屋をジンリュウが発見行くことに・・・・・・
最後の寝屋がまた、すんごい所で
全く外からは分からず
時間的にも最後からでしょうか、、、、、、Yパパ氏がトンネルを
銃を持ちながら寝そべりながら進んで行きました(汗)

そして「ドーーーーン」って言う銃の音。

私:「ん?獲れたのかな?」と思い
シダの中からヒョコッと頭が出てきて・・・・・・・

私を呼びます(笑)
また、てんこもりなシダをかき分けて必死こいて進みます。
(この時間的にも最後と思い油断してたので正直呼ぶのヤメテーと思ったのをココで明かしますw)

そしたら私がそこに到着する寸前でジンリュウが「ガウガウガウ」とほとんど吠えない犬なんですが吠えました。
まだ、猪動いてなかったんです。銃の音を聞いてるのに。
Yパパ氏が言うのに、ジンリュウと重なって狙いがうまく合わせれなかったようですが
発砲後に猪がしかも、Yパパのほぼ足元ですからビックリしました。

そして下山。
フラフラになりました。昼食後、私の猟欲は低下していたようです(笑)

-------覚え書き-------
・Yパパ氏の予想してる寝屋とジンリュウが行くポイント同じ。

・すごい犬でした。猟欲ハンパありません。このような犬を近くで見たら甲斐犬で猪は無理って言う人居るのかな?って思う。

・人間の到着が遅いときや猪の匂いや、呼びに来る動き(表情でわかると氏は言いますが最後ら辺は少し私もわかる感じでした)

・捜索レンジ200m広いです

・咥えている時の鼻息が貫録を感じさせる

・どこから見ても甲斐犬。百戦錬磨な風貌

・どのような険しい所も行くので私自身の猟欲も少し上がりました(笑)

静かな大人しい犬です、猟場では一変するんはさすがです
Yパパ氏曰く、飼った中では10点満点だとすると「3~4点」だと言います(・_・;)

ある方がコメントしてくれた言葉を思い出しました
「一生のうちに満足できる犬は1匹」であると言う言葉。

深いですね。

かなり、簡潔に書いてますが・・・・・(私の頭に叩き込んでます)
長くなるので続編はまた後日~




« 山あそびIN亀岡近辺 2013/1/18 (ちょら君、チョコ) | トップページ | イノシシ解体▶帰宅後。 »

」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。

無事に帰られて何よりです。

又 今度はあつ宗さんの愛犬で山入りをしましょう。

百合パパさん

ジン君と、ちょら君、息が合えば良いんですが^^;
あの、猟欲にちょら君が着いて行ければ良いのですが^^;


百合パパさんのポイント近くに、ちょら君がキチンと反応して
そこからどうなるかです。

楽しく読ませてもらいました。
ハードだったみたいですけど、いろいろと良い刺激になったのではないでしょうか?
私の狩猟がどれだけ中途半端でエエ加減なものが分かっていただけたと思います(笑)。

しかし、あつ宗さんのブログを呼んでいると
神竜に会ったことがありませんが、また一度会いにいってみたいと思いました。
ここ数年、行ってみようと思いつつ実現していませんので、今年くらいがんばって行ってみようかと思っています。百合パパさんも忙しくなるみたいですが、、、、、大丈夫かな。

次回は、ぜひちょら君を連れて行って、百合パパさんに猪を仕留めてもらってください。

●山坊主さん

今日は、タッちゃんと山あそびにでも行ってたのでしょうか?(笑)

正直ハードでした!って言うのも私自身がいつも午前中しか山歩きしないので
心身ともに昼をすぎると猟欲が無くなります(笑)

でも、本気でやりだしたらまだまだ頑張らないと・・・・・・
その前に頑張れる山を探さないと(・_・;)

山坊主さんと、百合パパとのスタイルも違いますので

私の場合は、犬がどうなるかによってどっちでも行けるようにしないと(・_・;)

山坊主さんの場合は猪の痕跡を見て攻める所を見切って犬が捜索で犬が見える範囲に居るって感じに対して

百合パパさんの場合は、大方の予想はあるものの、犬が攻める所を行き離れた場合人間がGPSを見てその場所に行くって感じ

うまく書けませんが簡単に言うとこんな文章になります。(・_・;)

猟場の違いによってアプローチの仕方も違ったり
ターゲットの有無での違いもあるでしょうし

恐らく私の地域近辺では
痕跡をしっかり取らないとすごく影響すると自分では思っています(T_T)

どちらのスタイルも好きです♪どちらにも行けるように
山を知り獣を知る勉強はしておきたいところです

後は、ちょら君に頑張って欲しい所ですが
こればかりは・・・・・・・・・・分かりませんが楽しみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1682547/48874684

この記事へのトラックバック一覧です: 甲斐犬で猪猟を体験させて頂きました。2013/1/20:

« 山あそびIN亀岡近辺 2013/1/18 (ちょら君、チョコ) | トップページ | イノシシ解体▶帰宅後。 »